会員ログイン
ユーザーID:
パスワード:
ID、パスワードをお忘れの方は
事務局までお問い合わせください。

Home > 「畳寺の畳まつり」開催

4月29日「畳の日」記念行事

「畳寺の畳まつり」開催

2017年4月29日(土・祝)午前10時〜午後4時
浄土宗大本山 清浄華院
(京都市上京区寺町広小路上ル)

日程: 2017年4月29日(土・祝)
会場: 〒602-0852
京都市上京区寺町通広小路上ル北之辺町395    
(京都御所 東隣) 電話:075-231-2550
アクセス:

電車:京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」下車 徒歩10分
   京阪電鉄「出町柳駅」下車 徒歩10分
バス:京都市バス「府立医大病院前」下車 徒歩5分
※駐車場はありませんので、お車の場合は、近隣のコインパーキングをご利用ください。

主催: 全国畳産業振興会
問い合わせ: 畳寺の畳まつり 運営事務局(TMオフィス内)
TEL:06-6231-4426 E-mail:tatami@tm-office.co.jp
主催: 全国畳産業振興会
観覧料:

無料
※ただし、ご朱印の押印は朱印料300円が必要

内容

・「畳供養」 14:00〜15:00

千年以上続く畳文化を次世代へ継承する目的で実施するもので、畳業界関係者が手を合わせて見守る中、全国の畳職人が古ゴザに願いを込めた“畳の護摩ゴザ”を、清浄華院の僧侶が古畳で作った「畳の菰」に入れて幽玄な炎で供養します。

畳供養の後は、「畳の縁起物セット」を来場者先着100名に授与します。
※写真はイメージです。変更になる場合があります。

・畳寺のご朱印を授与 10:00〜16:00
 
※12時〜13時、14時〜15時は除く

4月29日「畳の日」限定で、畳寺のご朱印を授与します。
境内の中核にある約120畳の「大殿」のイメージと「畳寺」の文字を合わせた特別なデザインです。
朱印料300円。
※朱印帳のみの押印となり、納経軸や笈摺には押印できません。
※朱印帳は1人1冊でお願いします。

・畳職人の匠の技「手縫い製作」披露 10:00〜16:00
 ※12時〜13時、14時〜15時は除く

約400年前の江戸時代前期より伝わる畳職人の匠の技「手縫い製作」の実演を披露します。

★「畳床作り」
山口県山陽小野田市在住「荒川製畳所」の荒川有三さんが披露。荒川さんは2014年に、厚生労働省が認定する卓越した技能者「現代の名工」に選ばれました。

★「畳作り」
京都市在住「株式会社にしむら」三宅克伺さんが披露。三宅さんは今年2月10日(金)〜13日(月)に行われた畳製作技術を競う「第29回技能グランプリ」(30職種に全国から514人が参加)の「畳製作」部門において、20人中3位の成績を残しました。

・カラフル畳や畳滑り台、パズルなど、畳珍百景登場 10:00〜16:00

ハート型や丸型などの珍しいカラフルな畳、「畳の滑り台」 「畳のパズル」なども展示。“畳珍百景”の様子をお楽しみ ください。

・国内生産9割を誇る熊本県のい草・畳表を展示 10:00〜16:00

熊本県が国内生産9割を誇るい草・畳表。上質で無着色の安全安心な畳表を見て、触って、香りをお楽しみください。

◆浄土宗大本山 清浄華院について

京都御所に隣接する浄土宗の大本山で、平安時代に円仁が創建し、畳とほぼ同じ約約千年の歴史を持っています。境内の中核には約120畳の壮大な「大殿(だいでん)」があり、親しい関係者からは“畳寺”とも呼ばれています。

最新情報
  • 会員情報が更新されました。